出産 PR

産んだばかりの私が伝える出産体験記!3回目の出産で実践した上手ないきみ逃しのコツ3つをご紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
たたとまま

私事ですが、先日3人目のお産がなんとか無事に終わりました!

記憶の新しいうちに、出産のリアル体験談を残しておこうと記事を執筆しました!

はじめての出産って全てが未知ですよね?

色々調べても、実際に体験した人でないとわからないことばかりで、余計に不安になってしまうと思います。

私は3回の計画的経膣分娩を経験し、無事に元気な男の子を3人出産しています。

初めての出産では何もかも不安かもしれませんが、この記事ではいきみ逃しってどんな感じ?ということを伝えていければと思います。

初産を控えている方や「いきみ逃しってどうしたらいいの?」という方に参考にしていただければ幸いです。

1人目の出産で味わったいきみ逃しの失敗体験

みなさんはどのような出産を考えていますか?

私は1人目出産の時に無痛や和痛分娩などは考えておらず、「普通に経膣分娩でいけるかな」くらいに思っていました。

ところが、出産直前に主治医から「もしかして狭骨盤?レントゲン撮ってみよう。」と指摘され、結局のところ狭骨盤でした。

赤ちゃんの頭が産道を通れないと経膣分娩はできないため、狭骨盤の場合は赤ちゃんが大きくなりすぎないよう予定日よりも少し早めに計画出産をします。

私も例に漏れず、3回とも出産予定日より少し早めに入院して陣痛促進剤で経膣分娩という流れでした。

助産師さん

なんだ、3回目の出産なの!じゃあ余裕ね!

助産師さんや周囲の方によくこんなことを言われましたが、そんなことはありません。笑

毎回同じ計画出産なので、流れはわかっていますが、正直、何回やっても出産はこわいです。

出産の過程の中で、まず直面する障害は陣痛のいきみ逃しです。

いきみ逃しとは、“どんなにいきみたくなっても、まだいきんではいけない”ので、いきまずに逃すということ。

なぜ、いきみたいのにいきんではいけないのか、ご存知でしょうか?

その理由は、子宮口が全開大(10㎝)になる前の段階でいきむと、子宮口がむくみ難産になったり、膣が裂けたりするからです。

実は私も、子宮口が全開大になる前に、我慢できずに思いきりいきんでしまいました。

その結果、膣が裂け約2リットルの大量出血、血圧が60代まで低下、意識がもうろうとし、気が付くと酸素マスクをつけていました。

幸い赤ちゃんは元気でしたが、膣の傷は、肛門ギリギリまで裂け、縫合や治癒にとても時間がかかりました。

つまり、出産での難所は、この“いき見逃し”だと思います。

そこで、3度の出産を経験した私が実践した中で、効果的だったいきみ逃しの方法3つをご紹介します。

効果的ないきみ逃しの方法3つ

さっそく、3度の出産を経験した私が効果的だったいきみ逃しの方法をご紹介しますね!

効果的ないきみ逃しの方法は、以下の3つです。

効果的ないきみ逃しの方法3つ
  1. 呼吸法
  2. モチベーションを保つ
  3. 最終手段、短くいきむ

ではひとつずつ説明していきますね!

呼吸法

たたとまま

「だいぶ痛くなってきたな!」という段階に効く方法です!

徐々に陣痛の感覚が短く強くなり、「だいぶ痛くなってきた!」と思ったら、まずは呼吸法を試していきましょう。

最近はラマーズ法よりソフロロジー法が主流みたいですが、やり方であまり考えすぎずなくて大丈夫です。

呼吸のやり方は、思いっきり鼻からすーーー!と目いっぱい息を吸って、口からふーーーーー!と思いっきり吐けなくなるまで息を吐くこと!

「赤ちゃんに酸素を届けてあげるんだー!」という気持ちで、この呼吸法をちょっと大袈裟なくらいに、痛みが通過するまで続けてみましょう!

モチベーションを保つ

たたとまま

「この痛みあと何時間続くの?どこまで痛くなるの?」と不安になってきた段階で効く方法です!

上記の呼吸方法をしていて、最初のうちはいい感じに痛みを逃せます。

しかし、途中からどんどん痛みは強くなり、間隔も縮まっていきます。

呼吸法を続けながらも「これあと何時間やるの?どこまで痛くなるの?」と不安になってきます。

しかし、不安になってもモチベーションを保つマインドを持っていると、どんどん押し寄せる陣痛の波にも心が折れずに立ち向かえました。

モチベーションを保つマインド
  • 「赤ちゃんも苦しいのに頑張っている!」
  • 「この瞬間もお産は着実に進んでいる!」
  • 「これを乗り越えれば、10ヶ月間待ちに待った赤ちゃんにようやく会える!」
  • 「待っている家族(夫、きょうだい、親)に赤ちゃんを会わせてあげるんだ!それは私にしかできないこと!」

赤ちゃんが産道を降りてくるイメージを感じながら、お産は着実に進んでいると常に前向きでいましょう!

最終段階は短くいきむ

たたとまま

「もう痛みMAX!なんも考えられない!次の陣痛の波で玉砕しそう……」という段階で効く方法です!

最終的には、次々に痛みの大波が襲い、波に飲み込まれて気絶しそうになりました。

「いきみのがしがもうできない!どうしようもなくいきみたい!」という状態です。

この状態になったら、まず助産師さんに「もういきみたい!」「まだいきんではだめ?」と伝えましょう。

「まだ子宮口開いてないからいきめないんだってばー」と言われたら、その時は短くいきむを心掛けましょう!

思いっきりいきむと膣が裂けて私と同じ状態になるか、もっと酷いことにもないかねないので絶対にやめましょう!

よくあるいきみ逃しの方法ではこうなった

一般的には、テニスボールで肛門を押したり、助産師さんや夫によるマッサージや和痛でのいきみ逃しが主流ですが、私の経験上あまりおすすめできません。

これらの方法でうまくいかなかった理由は以下の通りです。

  1. テニスボールはうまく当たらなくて、煩わしくなった
  2. 助産師さんに腰などをさすってもらったが、姿勢が横向きや座位に限定され(私はベッドを起こしての長座位がいきみ逃ししやすかった。)特に楽になった印象はなく、申し訳ない気持ちになってしまった
  3. 1人目出産時のみ夫立会い。水を飲ませる、動画や写真撮影してるが「痛がるお前を見ていると気分が悪くなる。」「血とか無理。」と冷や汗をかきながら何度も言われたので、正直(邪魔くさい、お前は1ミリも痛くないくせに。)と思ってしまい、2人目以降は立会いなし。笑
  4. 痛みが強く体力消耗も激しかったため、和痛もすすめられたが、眠気が強く出るため、分娩台までもドロドロな昏睡状態で歩かなければならず、「転びそうで危ない!」と思い、辞退した

人によって感じ方はそれぞれなので、一概に私の意見が全て正しいわけではありません。

あくまでも個人の意見として、参考程度にしてくださいね。

実際にいきみ逃しの方法を実践〜Baby誕生まで

たたとまま

ここからは私の実際の出産体験談なので、興味がない方は飛ばしていただいて結構ですよ。

上記の3つのいきみ逃し法を実践し、子宮口5㎝くらいまで開いてきました。

なかなか子宮口が開かない原因は、赤ちゃんの首に臍の緒が巻きつき、なかなか降りてこられなかったからでした。(幸い赤ちゃんの心拍は正常でした)

子宮口がなかなか開かず、破水もしない状態で、促進剤もMaxの量を使用しており頭打ち状態。

陣痛はというと、最強レベルの痛みが2分おきに襲来していました。

まだが子宮口が5㎝しか開いていないのでいきめず、ただ痛みを逃し続けるしかなく、この時間が本当に地獄でした。

「あと何回この痛みを逃せばいいの?」と先が見えない状況が1番つらかったです。

でも、「ここまできたら産むしかない!」と最後の精神力をふり絞り、気持ちを切り替えました。

そして、助産師さんにその都度、“今お産がどういう状況か”、“どうしたらいいか”を確認しました。

例えば、「まだいきみ逃しをして」

「先生に内診ぐりぐり(子宮口を刺激すること)してもらおう」

というように次の流れを把握することに注力しました!

また、「お産進んでるから大丈夫!」「いきみ逃し上手だよ!」と、助産師さんから前向きな言葉をもらえるだけで結構頑張れました!

でももう最後の最後の方に「もう体力限界…」ってアピールしたら、ぐいぐい子宮口をこじ開けてくれて全開大になり、破水もしました。

その段階で、やっと助産師さんから「先生きたら、もういきんでいいよ!」と。

たたとまま

はい!「いきんでいいよ」いただきましたーーー!

いきむのは私大得意で、2、3回目くらいのいきみで赤ちゃんが誕生しました!!!!

いきむのは単純に臍を見て、下に向けて子どもを出す=ながーーーーいう◯こを思いっきり出すイメージです。

いきむ時は、目をつむると毛細血管切れるので絶対やめましょう。

それから、う◯こ出ちゃうかも、とか心配しなくていいです。

「ほんとにう○こ出てもいいから!!」って先生に言われました。笑

それに、いざ赤ちゃん誕生って所までいくと、そんなことはどうでも良いやっていう境地になります。笑

大事なのは赤ちゃんが産まれて、まずは元気な産声を聞くことですもんね!

本当にこの瞬間は何度やっても感動で震えます。

この世の全てに感謝したい気持ちになります。

そして、今までに味わったことがないほどに報われる瞬間です。

あと胎盤が出るところもスッッキリして、たまりませんよ。笑

ぺったんこのお腹に寂しさなんて感じません。

これから毎日赤ちゃんと四六時中一緒ですからね。

とにかく、妊娠中から出産まで10ヶ月間私はよく頑張った!とたんと褒めてあげましょうね!

【まとめ】赤ちゃんのかわいさですべて報われます

妊婦さんの皆さん、本当に毎日お疲れ様です。

妊娠中は幸せだけど、何をするにもしんどいですよね。

つわりで気持ち悪いし、風邪ひいたり頭痛くても薬飲めないし、好きなものが食べられなかったり、お酒もダメだし、慢性的にあちこち痛かったり、お腹がすぐに張って思うように動けなかったり、寝苦しくてあんまり眠れないし、夫にはその辛さをきちんと理解されなかったり……

それに加えて出産で痛い思いをするんです。

こわいですよね、私も同じで、とても不安でした。

お産は十人十色、私も3回とも同じようで少しずつ違いました。

痛みの感じ方も人それぞれです。

特に初産婦さんの場合は、イメージがつきにくいことが多いと思うので、少しでもあなたの不安が軽減される手助けになれたらと思います。

そして、赤ちゃんはめちゃくちゃ可愛いです。子どもを産むまでは子どもが欲しいとかあんまり思わなかったのですが、産んだらわかりました。ただただ愛おしいです。気づいたら3人産んでました!笑

あなたも無事に元気な赤ちゃんに会えますように!陰ながら応援しています!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
Tatatomama
0歳・4歳・7歳の3人兄弟の子育て中、現役看護師ママです。長男と次男は自閉スペクトラム症の診断を受けています。子育てに悩んだことをきっかけにチャイルドコーチングマイスター資格を取得。ブログでは療育のこと、日々の生活のことについて赤裸々に書いてます。子育て中の方イコール戦友と勝手に思っています。笑 どんな状況でも楽しむ、無理しない、後悔しないをモットーに子育てしています。 ※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。